リンク集
サイトマップ
iPhoneの種類ってどれくらいあるの?



iPhone10周年
今となっては、携帯電話がそのままイコールスマートフォンのことを指していることも少なくありません。多くの人がスマートフォンを所有するようになり、その便利さを享受するようになっているといえるでしょう。しかし、このスマートフォンは発売された当時から大人気のものであったのかというと、必ずしもそうではありませんでした。今となっては進化を遂げ、機能も増え、多くの人にとって便利なものとなったスマートフォンですが、初期については「一部のマニア」向けのものとして認識されていた、という歴史があります。それでは、このスマートフォンが今のように多くの人の手に渡るようになった、そのきっかけはどのような部分にあったのでしょうか。

やはりスマートフォンが人口に膾炙することになった大きな要因と言えるのは、現在においても国内での高いシェアを誇っているiPhoneの存在であるといえるでしょう。このiPhoneはユーザーにとって使いやすいものであり、必要とされる機能を持っているものでもありました。iPhoneの初代型が販売されたのが2007年のことで、現在に至るまで10年ほどが経過していますが、その中では数多くの機能の追加や変更がなされており、より多くの人が使いやすい、便利なものへと進歩することになりました。

それでは、現在までに登場したiPhoneにはどのような種類のものがあったのでしょうか。そして、それぞれどのような機能の違いがあったのでしょうか?


iPhone10周年
初代型の特徴
iPhone3G
iPhone7
リンク集
サイトマップ

Copyrightc2017 iPhoneの種類ってどれくらいあるの? All Rights Reserved.